競売にかかりそうになったら様々な手を尽くす

そもそも競売というのはある日突然実行される訳ではなく、このまま行けば競売にかかってしまうというサインが出るものです。

先ずは、住宅ローンの返済が滞った時点で借り入れている銀行から督促が来るようになります。

この段階で銀行に相談に行って何らかの手を打つことが出来れば、事態は深刻にならずに済む場合が多いです。

月給やボーナスがダウンになって家計が苦しければ、銀行に出向いて返済方法の変更を相談するのです。

月々の返済額を減らせる事が出来れば無理なくローンを払い続けられるかもしれません。

月々の額を減らすということは返済期間が延びてしまうことなので、銀行に難色を示されないためにも繰り上げ返済の実績がものを言います。

払えるときに出来るだけ払っておくことは将来のリスクへの大きな備えなのです。

毎月の支払を減らすのに銀行の同意を得られない場合は、家計を縮小するしかないでしょう。

自家用車の台数を減らしたり中古車にしたり、生命保険や医療保険を見直すなどでローンの費用を捻出します。

借入先の金融機関との相談が上手く行かず、家計もこれ以上の見直しがムリだとなれば残念ながら住宅を手放す以外にないかもしれません。

しかし、同じく人手に渡すにしても競売という不利な方法を避けて普通に住宅市場で買い取ってもらえるよう努力しましょう。

競売にかけると市場価格よりもはるかに低い値段しか付かない場合が多いと聞きます。

家を明け渡した後の生活の再建もあることだし、手放した家のローンだけが残ったのでは家族のダメージも大きいです。

抵当権を持っている銀行が裁判所に申し立てて、裁判所が実際に動き始めてもまだ間に合うかもしれません。

最初は裁判所から競売にかけますよという通知が来ますが、裁判所の執行官が家に来るまでにローンの返済から半年くらい時間があります。

開札と言ういよいよ競売にかかる前の段階なら、一般市場で買い手が付けば任意売却に変更できます。

どうしてもローン返済に無理があると判断した時点で、最初から不動産会社に売却を持ちかけておけば少しでも有利に売れる可能性があります。