修繕積立金の滞納で競売にかけられたケース

分譲マンションを購入すると、多くの場合は住み続けるつもりの家として購入していても何年か経つうちに売買があったりしますね。

買って住んでみると気に入らない面が出てきたり、転勤などの事情で遠くに引っ越さざるを得ないという事が起こるんでしょう。

その様ないわゆる住み替えであれば悦ばしいんですが、聞いてみると中にはローンを払えなくなって競売にかけられた事例も少なくない様です。

私が知っているマンションの管理組合では、修繕積立金と管理費を滞納している世帯に対して、競売にかけて滞納分を回収した事例もあるんです。

住宅ローンの返済を頑張って果たしていても、決して少額ではない修繕積立金などが足りなくなると厳しいことになります。

住宅ローンは銀行などに対する借金ですが、修繕積立金や管理費も払わなければマンションの全体に対して負債を負っているような形になってしまうんです。

分譲マンションを購入する場合は、ローンの返済だけでなく積立金なども合わせてきちんと払い続けられるか検討する必要がありますね。

これは仕方のないことかもしれませんが、分譲マンションの修繕積立金というのは購入時には割と低く設定してあって何年か経つごとに段階的に値上がりしたりします。

地域やマンションの規模などによって違いますが、管理費と合わせると毎月5万円近くも払い続ける場合もありますね。

住宅ローンの月額と合わせると家計の状態によっては修繕積立金まで回らなくなることもありがちです。

ある分譲マンションの管理組合は、3年間に亘って修繕積立金を滞納しているオーナーに督促をし続けたそうです。

これ以上滞納が続くようなら損失分を回収する為に競売という強硬手段を執らざるを得ないと、警告もしました。

管理組合の理事らが再三支払を促して、結局は競売にかけたのは積立金の滞納があると将来の大規模修繕に差し障るからなのです。

分譲マンションというのはきちんと手入れしてお金のかかる修繕をしていれば長持ちします。

集めた積立金は銀行などで資産運用して増やさねばならず、何処かが滞納すると運用益も出せず全体に損失を与えるのです。